ようこそ、台州銀進眼鏡有限公司
近視の子供にメガネは必要か-
近視の子供にメガネは必要か-
業界ニュース
現在位置>>ホームページ

近視の子供にメガネは必要か

time:2017-05-04 19:45:07

子供が近視なら、親はまずメガネをあげる。しかし、いずれ経ても子供の視力が安定することなく、悪化する傾向にある。実に、614歳の子供は近視になっても、メガネを書けないほうが良い。

メガネは視力の悪化を防止できない。

 「今年の3月に、二年生の子供がいつも目を細めて物事を見ます。病院で視力検査を受けると、子供が150度の近視です。それで急いでメガネを購入しました」ローちゃんの親はこういった。最近もう一度ローちゃんを連れて、病院で視力検査を受けると、度数は250度と高くなった。視力は安定なく、逆に悪化した。

  購入したメガネが良くないかそれとも元々メガネが効かないか、とローちゃんの親に疑問があった。

 専門家に聞くと、メガネは光学を通じて子供の視力を補助するものであり、近視を治療する道具ではない。ところが、子供がメガネをかけ始めると、メガネへの依存が生じる。そして、目自身の調節機能がますます退化し、結局視力が悪化する。

 

中学生の近視率が50%超えた

 最近の「目の愛護デー」に、専門家は中学生の近視患者が近年急に増加していると発表した。重い課業負担や課外活動の減少がその主な原因である。データによると、1998年に中国の学生近視率は世界4位だったが、翌年の1999年には日本に次ぐ世界2位になった。今はまた上昇する一方である。大都市の中高学校学生の近視率は61%にも達し、中学生の近視率は50%以上に上っている。

 この現象をもたらす原因は、学生の課業負担が重すぎで、近距離の用眼時間が長めになったのである。課外活動が減少し、休みの時もテレビやパソコンに目を使ってしまうので、目の遠距離機能が退化し、近視になった。

 

16歳未満の子供はできるだけメガネをかけないで

 中国科学院の季教授によれば、子供に早めにメガネをあげると、目の筋肉を緊張させて、度数が高める可能性が高い。614歳の子供は成長期であり、近視の多発時期でもある。注意しなければ、近視力¥になる可能性が非常に高い。一方、子供の眼部組織は柔軟で、近視になっても改善しやすいのである。子供が近視になる時間が短いほど、年齢が小さいほど、視力を改善あるいは完全回復する可能性が高い。

 従って、専門家の意見は、16歳未満の子供にはメガネをあげないほうが良い。特に年齢が若くて、近視度数が300度以下の子供は、科学的な調整方法で視力を改善すべきだ。

子供の近視に関して、親が注意すべきこと

1視力検査で、子供の視力は0.60.8に落ち、または持続的に悪化するかどうか。

2子供はいつも目を擦り、頻繁にまばたきをする。また、斜め見や目を細める習慣があるかどうか。

3テレビを見るときに、テレビに近く座る習慣があるかどうか。

4子供はドライアイや涙目などの問題があるかどうか。

5子供は目の疲労によって、注意力が落ちる。

それらの現象があれば、早速病院で医師と相談してください。

 

 専門家アドバイス:子供近視の前兆を重視し、早めに視力調整すれば、近視は改善できるのである。近視の前兆を重視しないと子供視力回復の最も良い時期を失い、重度近視になれば、一生の苦しみとなる。

前のページ:メガネの歴史と発展
次のページ:いいえコンテンツありません
copyright©台州銀進眼鏡有限公司
技術サポート:近視の子供にメガネは必要か-