ようこそ、台州銀進眼鏡有限公司
メガネの歴史と発展-
メガネの歴史と発展-
業界ニュース
現在位置>>ホームページ

メガネの歴史と発展

time:2017-05-04 19:45:54

 歴史資料によると、メガネは1289年にイタリアのフィレンツェに初登場した。この人類史上最も重要な生活ツールは、アルマトとスピーナいう二人の光学者によって発明された。その後、アメリカの発明家ベンジャミン・フランクリンは同時に近視と遠視に苦しんで、頻繁なメガネ交換を避けるために、1784年に近遠視両用のメガネを発明した。1825年に、イギリスの天文学者ジョージ・エイリーは乱視を矯正できるレンズを発明した。一方、中国では2000年以前にすでにメガネが発明されたとも言われている。メガネの本当の起源はまた謎である。

 中国明朝萬歴の田芸蘅の『留青日札』によると、明朝中期ではメガネが既に存在し、「叆叇」と呼ばれる。中国歴史博物館に収蔵される明朝の名画である「南都繁会景物图卷」にはメガネをかける老者が書かれている。清朝乾隆の時、メガネの生産が記録された。フレームは木製で黒の漆で塗り、レンズは水晶で作られる。その後の清朝嘉慶の時、メガネは普及された。張子秋の『続都門竹枝詞』によると、その時に近視の人は誰もがメガネをかけるようになった。清朝のメガネの度数は古来の十二支で分別される。

20世紀初期まで、メガネのレンズは水晶で作られた。1937年にフランスではアクリルプラスチック製のレンズが発明された。水晶より壊れにくいだが、解像度は弱い。1954年にフランスのイシロ会社のエンジニアが飛行機座位の材質から樹脂レンズを発明した。それ以後、樹脂レンズがずっと使われてきた。

前のページ:200度以下の近視はメガネなしで読書
次のページ:近視の子供にメガネは必要か
copyright©台州銀進眼鏡有限公司
技術サポート:メガネの歴史と発展-