ようこそ、台州銀進眼鏡有限公司
200度以下の近視はメガネなしで読書-
200度以下の近視はメガネなしで読書-
業界ニュース
現在位置>>ホームページ

200度以下の近視はメガネなしで読書

time:2017-05-04 19:46:56

200度以下の近視者が読書の時にメガネを着用するのは間違えである。(Coolais

 夏になると、メガネの売上高はピークに達する。一日の売上は最高3000個にも上っている。しかし、医師によると、人々がメガネの着用に大きな誤解がある。

Coolaisの楊医師によると、ほとんどの近視患者は見るものの遠近距離にも関わらず、メガネを常に着用している。だが、視力検査の時に大体5メートルの視力距離でメガネの度数を勘定するので、5メートル以内の物事を見る場合にメガネを長時間かけると、逆に視力が落ちる可能性がある。それで、200度以下の近視患者は近距離の物事を見る場合、例えば読書やパソコンを見る時にメガネを外したほうが視力にやさしい。300度以上の患者でも、近距離の物事を見る時に相対的低い度数のメガネを着用するほうが良い。

 また、子供の近視患者の視力検査を行う際に、散瞳して検査したほうが良い。なぜならば、ほとんどの視力検査機器は大人向けであり、子供の検査を行う時に散瞳すれば、より正確な度数を勘定できる。正確な度数のメガネを着用すると、視力の悪化を防止できるのである。

メガネの選びかた

フレーム

1材質を見る:品質の良いフレームは丈夫で、メッキの表面が平滑である。

2弾力性を見る:フレームを少し曲がって、弾力があるかどうかを見る。弾力のあるフレームは折れにくくて、品質がよい。

3ブローチとヒンジを見る:ブローチのスポット溶接部にヒビがあるかどうか、ヒンジのネジが緊密度などをチェクする。

 

レンズ

1音を聞く:軽く机に落として、その音が軽いほうが良い。

2光に当たる:光に当たって、レンズの内部に不純物があるかどうかを確認する。

3表面を見る:レンズの表面をチェクし、反射がはっきりかどうかを確認する。

前のページ:カルシウムのサプリメントは、子供の近視を防ぐことができます
次のページ:メガネの歴史と発展
copyright©台州銀進眼鏡有限公司
技術サポート:200度以下の近視はメガネなしで読書-